建築板金で滋賀県内や周辺地域にある建物を美しく仕上げる専門家が集まっています

お問い合わせはこちら

滋賀の東板金のお客様の声

滋賀を中心に建築板金の技術で雨仕舞の施工を行います

滋賀の東板金のお客様の声

滋賀県において建築板金を承りさまざまな建物の雨仕舞工事を行ってきました。建物を長く維持するために最も重要なのは雨水の処理で、しかるべき場所に適切に納め雨樋までしっかりと送り流さなければなりません。
この処理ができていないと屋根や外壁の劣化が進み雨漏りの原因となり、また排水箇所が悪ければ基礎の劣化にも繋がります。複雑な形状の雨樋工事から屋根の雨仕舞まで、これまでに培ってきた技術と知識を持って対応しておりますので、まずはご自宅のトラブルについてご相談いただけたらと考えております。


滋賀県にて建築板金の技術で雨仕舞全般を行います

雨仕舞という言葉は一般的に聞き馴染みのない言葉ですが、建築においては大変重要なものとなっております。家の中に雨水が入らないようにする・雨漏りを防止するといった建物の構造であり、屋根の金属部分でいうと棟板金や軒先などがあたり、屋根からひさしへ、庇から雨樋へ、そして雨樋から地面・排水路へといった仕組みが雨仕舞になります。建築における板金工事では窓以外のほぼすべてにわたる雨仕舞の工事を行っております。
雨の日に思いもよらない部分から排水が行われている、雨漏りしてしまった、雨樋がきちんと機能していないなどのトラブルがありましたら、屋根や雨樋など建物の雨仕舞に何か問題が発生している場合がございます。放っておくと建物の劣化が早まり、必要以上の経費がかかる場合がございますので、早めに点検を行って問題の置きている場所を発見し、修理を検討されることをおすすめします。

建築板金を滋賀県にて行い雨樋の工事も承っております

雨樋とは屋根に落ちる雨水を受け集め、決められた排水溝に雨水誘導して流し入れるものです。雨水が建物の中へ入り込まないようにするため、また基礎などを傷めないようにするために重要な役割を果たしております。昔は私達のような鈑金屋が金属の板をコの字型に折って雨樋を作っており、高度経済成長の頃よりプラスチック製の樋が主流になってまいりました。
現在も雨樋は安価なプラスチック製の既製品を使うことがほとんどで、加工ができません。そのため特殊な形状の建物などに使用することが難しくなっております。そんな特殊な雨樋の工事も、私達にお任せください。もちろんプラスチックの樋だけでなく、現在もガルバニウム鋼板でできた金属の雨樋が販売されております。見た目が美しいことから人気となっており、板金工事にて取り付け可能ですので新築での施工や壊れた雨樋のリフォームの際は、ぜひご検討ください。

滋賀を拠点に建築板金で住宅のさまざまな悩みを解決します

滋賀県にて営む建築板金の事務所では、開業以来さまざまな住宅トラブルに立ち会ってきました。板金工事は一見するとただ金属の加工をしているだけに見えるかもしれませんが、実は住宅の劣化や破損を防ぐために重要な役割を担う仕事でもあります。そのため外壁の破損・雨漏り・屋根の破損といったさまざまな住宅トラブルに対応することが可能で、特に多いのは屋根のトラブルに関する問題解決です。
住宅に関する問題のほとんどが雨漏りといわれており、実際雨漏り修理や屋根のリフォームに関するお問い合わせは数多くいただいております。屋根周りの雨仕舞は板金業において最も得意とする部分のひとつです。そして雨漏りの原因のほとんどが屋根本体が劣化しているよりも、屋根を構成する板金部位であることが多いため、原因特定の難しい雨漏りの際はまず私達にご依頼をいただけましたら修理ができる可能性が高いです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。